突然ですが、新着の「松谷文生・徳利群」をご紹介します。

 

左より、「皓冠蒼徳利」、「黄冠黄徳利」、「蒼冠皓徳利」です。

 

この3作品は昨日松谷氏が、「プリン」とともに持って来てくれたばかりのものです。

先だって、氏に「こんな感じのもの出来るや否や?」とリクエストしていた待望のものですが、こちらの期待を大幅に上まわる感動の逸品!に仕上がってきましたので、異例ではありますが急遽皆様にもご覧いただくことといたしました。新鮮ですよ。(プリンはまだ食べきっておりませんが・・・)

 

蓋となる天冠は、各詳細画像でご覧のように小さなオブジェとして成立する精巧さを備えます。(その気になれば、盃として使えるものもありますよ!)

本体の出来も申しぶんなく、松谷文生ならではの細部まで行き届いた素晴らしい仕上がりで、ぜひ近くで見ていだきたい、大おすすめ作品です。

初披露目の最新作を、どうぞご覧下さい!