積層刳貫手 竹盃(茶) 片山亜紀

積層刳貫手 竹盃(茶)

作品番号KAA0007

作家名片山 亜紀

箱別途

外形寸法5.7w × 5.6h (cm)

SOLD OUT ▲
お問い合わせはこちら

何層にも重ねられた土の塊を刳り貫きという手法で制作。 片山さん独自の線です。
年輪にもみえるゆるやかな曲線の太い茶色の層が目を引きます。細く入れられた緑色の層(線)がやわらかさを添えています。
そそり立つ、立ち姿は凛として、まるで竹のようです。使ってみたい盃ですね。
京都の工房へお伺いした時に制作依頼したものです。