大前 悟 展 Ⅰ ー高麗茶碗ー〝李朝とそのエッジ効果”

 

大前 悟 展 Ⅰ -高麗茶碗- “李朝とそのエッジ効果”

令和2年1月25日(土)~2月2日(月)

11:00~18:30 水曜定休

大前悟在廊日 1/25(土)、26(日)

 

 

大前悟さんは様々なやきものを焼いています。
高麗茶碗は手掛けてからすでに長い年月が経ちますが、今回は「特に」高麗茶碗です。

 

高麗茶碗と呼ばれる李朝の碗には、日本から茶の湯道具として発注されたものと、朝鮮半島での内需のため作られていたものを日本で「茶碗」として見立てたものとがあります。
いずれも、茶の湯に「侘び茶」といものが現れると、茶室とともにその様相が変革された侘び数寄道具の原点であり象徴ともいえるものです。
大前氏は最近、李朝のものは日本のものとは拘る部分が異なっていると改めて感じたそうです。“抜きどころ”と“締め”の違い、とのことです。たしかに李朝の諸物は木工品や石製品などでも、その独特な収束感が「李朝!!」となっているものです。
解釈が刷新されることによって、処々の僅かな違いがまるで別の作品全体を成すことがあり、それが「新しいもの」に繋がることが最も自然かつ正しい進化であると思われます。
大前氏によると「今回は、現在最もやりたかった仕事をたいへん気持ち良く出来た」とのことです。作品にそれは顕れています。ぜひともご期待願います。

令和二年一月 ギャラリーラボ 企画

 

 

 

 

1: SOLD OUT

2: SOLD OUT

3: SOLD OUT

4: SOLD OUT

6: SOLD OUT

9: SOLD OUT

14: SOLD OUT
15: SOLD OUT

16: SOLD OUT
17: SOLD OUT

18: SOLD OUT

20: SOLD OUT
21: SOLD OUT

25: SOLD OUT
27: SOLD OUT

28: SOLD OUT

29: SOLD OUT
30: SOLD OUT

31: SOLD OUT
32: SOLD OUT
34: SOLD OUT

35: SOLD OUT
36: SOLD OUT

38: SOLD OUT