現在開催中

山田 洋樹 展
山田 洋樹 展 令和3年7月24日(土)~8月1日(日)

山田洋樹さんの志野を見て驚いたのは、それが志野であったことです。
なぜ驚いたかといえば、「それが志野であること」は近現代以降の”巨匠さんたち”にも実現されなかったことだからです。
人生半ばにして初めてやきものとの縁を得た山田さんが、その快挙を成し得たわけです。・・・・そういうものなのでしょう。

追記
水をくぐらせた際の「水利き」は、やきものの楽しみのひとつですが、志野の場合それが比較的わかりにくいものが多いものです。
山田さんの志野は、たいへん嬉しいことにこの「水利き」が楽しめますよ(^^)/
焼締め陶では、水が利くと土肌が浮き立って来ますが、山田さんの志野は釉の立ちどころに透明感が顕著になります。
さて、釉モノの場合、「水利き」がよいと臭いや汚れが気になるものですが、山田さんの志野は驚くほどそれがありません。
これらは「やきもの生活」におき大切なことなので、重ねてお伝えいたしましたよ(^▽^)/

次回予告

これまでの展覧会