谷本 貴 展

谷本 貴 展

令和4年4月9日(土)~4月17日(日)

11:00~18:30 水曜定休

谷本貴在廊日 4/9(土)、10(日)

 

 

今回は、中世前期に登場する「山茶碗」をモチーフにした各種の器がテーマとなっています。
山茶碗は平安末期より鎌倉前期にかけて、常滑、渥美や瀬戸、美濃で量産された平碗で、中世陶磁器の良さを体現した典型といえるやきもののひとつです。
谷本 貴さんは伊賀の陶家に生まれ育った作者です。
ですが、氏の作品からは中世陶磁全般に共通する“王道のやきものの良さ”が感じられます。
そういえば元より、谷本さんの作品からは伊賀のど真ん中に近いものにおいても、どこか山茶碗をはじめとする中世陶初期の「白瓷(しらし)器」の気配感が漂っていたように思います。
それは、造形や焼成が独自のものであろうが、古典に寄せてみようが、そういったこととは無関係に作者の体質から由来するもののようです。
このたびの新作ですが、氏の作品を知る人が見るとどこをどう見ても谷本作品らしく、ですが知らなければ中世陶の眷族に見えるかもしれないといった部分も「谷本節」の真骨頂だと思っています。
是非ともご高覧下さいませ。

ギャラリーラボ 企画

 





4: SOLD OUT


7: SOLD OUT


10: SOLD OUT


12: SOLD OUT


14: SOLD OUT

15: SOLD OUT


16: SOLD OUT

17: SOLD OUT


18: SOLD OUT


20: SOLD OUT

21: SOLD OUT


22: SOLD OUT

23: SOLD OUT

24: SOLD OUT

25: SOLD OUT


26: SOLD OUT

27: SOLD OUT

28: SOLD OUT

29: SOLD OUT


30: SOLD OUT

31: SOLD OUT

32: SOLD OUT


34: SOLD OUT

35: SOLD OUT

36: SOLD OUT

37: SOLD OUT


39: SOLD OUT

40: SOLD OUT


 

43: SOLD OUT

44: SOLD OUT




47: SOLD OUT